ネイルの種類やサロンを選んで爪のファッションを楽しむ

検定を受けよう

ネイルサロンで働く人をネイリストといい、お客様の爪を美しくすることが仕事です。
ネイルが好きだという人にとっては、憧れの職業です。
実際の仕事内容として、お客様の爪をケアすることや、薄くなった爪や折れた爪を保護するというような仕事もあります。
美しいネイルが似合うように手や爪をケアする仕事で、多くのお客さんはネイルアートをやってほしいと望んでいます。
アートは、ネイリストにとっての腕の見せどころの一つです。
お客さんの爪に直接施すものや、ジェル、チップ、エクステンション等様々なものを使用していきます。

ネイルサロンで働く人の場合、自分でサロンを開く人やどこかのサロンに所属するという方法があります。
最近では、主にチップを作成することを主な仕事として、チップ作成に特化したネイリストもいます。
どのようにして働くにしても、まずは爪に関する知識や、機材の知識を持っていることが必要になります。
しかし、現在日本国内でネイリストとして働くことに、明確な資格があるわけではありません。
その分、ネイリストの資格としてネイル検定というものがあります。
自分のレベルに応じて受験することができ、そのレベルがネイリストとして評価されていきます。
お店によっては、ネイル検定の資格が何級以上という規定がある所もあります。
就職や転職に非常に有利なので、資格取得を行い、技術を磨いていくことが大切です。
学校や通信講座等のスクールに通うことにより、技術以外に接客等も身につけることができます。